So-net無料ブログ作成

ペーター佐藤 [art]

かつて「ペーター佐藤」というイラストレーターがいました。
エアブラシによる美人画の画法を確立した海外でも高い評価を得ていた日本を代表するアーチストでした。
P1252153.jpg

パステルを使った人物画が好きでした。
イラストは、ミスタードーナツのパッケージや一番元気だった頃のパルコのポスターにも使われていて、まさにその時代に選ばれた人の輝きがありました。
そして、そんな彼の世界観が好きでした。羨望でした。
昨年の清志郎もそうだけど、あっという間に、人生を駆け抜けていきました。
そんな佐藤氏が生前の1986年にオープンしたギャラリーが原宿、神宮前にあります。
(というか、随分訪れてなかったです。まだ、ありました。)
http://www.paters.co.jp/gallery/gallery.html

P1252151.jpg

_1252157.jpg

_1252154.jpg

久しぶりに氏の原画に接し、甘酸っぱい懐かしさを感じました。
画集とポストカードを購入しました。
「ある意味で目的は達成しましたが、目標には達していません。目標は、シンプルです。いい絵が描きたい。自分が納得できる、感動できるいい絵が描きたいとおもいます・・・・」


パステル・ワーク―ペーター佐藤作品集

パステル・ワーク―ペーター佐藤作品集

  • 作者: ペーター・佐藤
  • 出版社/メーカー: クレオ
  • 発売日: 1994/08
  • メディア: 大型本





PATER

PATER

  • 作者: ペーター佐藤
  • 出版社/メーカー: PARCO出版
  • 発売日: 1995/08
  • メディア: 大型本





Subjects―ペーター佐藤ドローイング集 (Parco view (20))

Subjects―ペーター佐藤ドローイング集 (Parco view (20))

  • 作者: ペーター佐藤
  • 出版社/メーカー: Parco出版
  • 発売日: 1984/07
  • メディア: 大型本





ペーター佐藤作品集 ポートフォリオ (玄光社MOOK (6))

ペーター佐藤作品集 ポートフォリオ (玄光社MOOK (6))

  • 作者: ペーター佐藤
  • 出版社/メーカー: 玄光社
  • 発売日: 1987/04
  • メディア: ペーパーバック





ニューヨークの仕事場から

ニューヨークの仕事場から

  • 作者: ペーター佐藤
  • 出版社/メーカー: Parco出版
  • 発売日: 1984/10
  • メディア: 単行本



nice!(45)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 45

コメント 15

イチロー

そうです、見覚えがあります^^;

by イチロー (2010-02-06 10:00) 

アイ

とても雰囲気のあるギャラリーですね。甘酸っぱい懐かしさ・・・なんとなくわかるような気がしまいます。少し違いますが、この間、渋谷の街を歩いていて、昔好きだったジャンジャンという小さなホールの前を通りかかりました。もうジャンジャン自体はなくなっていたけれど、見覚えのある地下へ続く階段・・・階段の下にあった空間を思い出し、懐かしい気持ちになりました。
by アイ (2010-02-06 13:32) 

pi-ro

絵はあちこちで見ていますが名前までは知りませんでした
ギャラリーにも行ってみたくなりました
by pi-ro (2010-02-06 18:57) 

ryo1216

イチローさん、コメントありがとうございます。
80年代、90年代初頭の代表的なアーティストですよね。あの頃は、コピーライターとかアートディレクターだとかクリエイターが脚光浴びてましたね。今でも活躍されていますが、コピーライターの秋山晶さんが好きでした。
by ryo1216 (2010-02-06 19:22) 

ryo1216

アイさん、コメントありがとうございます。
ジャンジャン、懐かしいですね。新しいものができる魅力もありますが、なじみだったものがなくなる寂しさもありますね。映画館もシネコンは便利だけれど、昔の個性的な小屋が懐かしいです。
by ryo1216 (2010-02-06 19:25) 

ryo1216

pi-roさん、コメントありがとうございます。
ギャラリーは小さいですが、作品集などもあるので、是非、ごらんください。以前は、集まってくる人たちも魅力のひとつでした。
by ryo1216 (2010-02-06 19:29) 

JUNKO

お訪ねありがとうございました。これからもお邪魔させていただきます。
by JUNKO (2010-02-06 20:45) 

カエル

良きアメリカを感じさせる画ですよね。
by カエル (2010-02-07 01:31) 

ryo1216

カエルさん、コメントありがとうございます。
1976年の雑誌POPEYEの創刊以来、まさに光り輝くアメリカといった時代がありましたね。堀内誠一さんとともに時代に新しい風を運んでくれたイラストレーターだと思います。
by ryo1216 (2010-02-07 03:52) 

manamana

ご訪問ありがとうございました。
この方のイラスト、どこかで見たような気がすると思ったら
ジャズコンピレーションCDのジャケットにあったような気がします。
by manamana (2010-02-07 09:00) 

ryo1216

manamanaさん、コメントありがとうございます。
雑誌の表紙なんかもやってましたね。ニューヨークの状景のスケッチなんかのイラストは、JAZZのジャケットに合いそうです。
by ryo1216 (2010-02-07 11:32) 

ナカムラ

ペーターズギャラリーはいい空間ですよね。奥さんの実家の場所。奥さんの姉の夫である伊坂芳太郎もこのギャラリーの場所で住み、イラストを描いていた時期があるようです。伊坂+ペーターともに時代を身にまとったイラストレーターでした。
by ナカムラ (2010-02-08 10:31) 

ryo1216

ナカムラさん、コメントありがとうございます。
伊坂さん、1957年にライトバブリシティ入社のようですね。同じ年にライパブに入社された「田中一光」さんのポスター展を今日、見てきました。伊坂さんの作品もPETER’S SHOPのHPにありますね。すごい場所だったのですね。ありがとうございました。
by ryo1216 (2010-02-09 22:55) 

かずっちゃ

ペーター佐藤さん、ワタシの大好きなイラストレーターの一人です。
亡くなった後にPARCOで開催された遺作展にも行きました。
日本のアート界にとって、惜しい人を亡くしたと思います。
ペーターズギャラリーに行ってみようと思います。
by かずっちゃ (2010-02-14 05:47) 

ryo1216

かずっちゃさん、コメントありがとうございます。
僕も、亡くなった時は、驚きました。まだまだ、たくさんの作品を見ていられると思っていたので。あの頃は、イラストレーターやグラフィックデザイナーが光輝いていた時代でした。昨年、福田繁雄さんも亡くなられてしまいました。
by ryo1216 (2010-02-14 08:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0