So-net無料ブログ作成
検索選択

「芸術家の肖像」展と太宰治 [art]

6/10の日曜日、「三鷹市美術ギャラリー」で開催中の「芸術家の肖像」展へ。
http://mitaka.jpn.org/ticket/gallery/

_MG_5008.JPG

_MG_5007.JPG

写真は、19世紀前半に発明され、普及していく中で、当時の画家たちに大きな影響を及ぼしたようです。
一方で、今までは見ることができなかった画家たちの創作の様子なども写真に収められました。
本展覧会は、マティス、ブランクーシ、モネ、ミレー、セザンヌ、ボードレールなど、19世紀、20世紀フランスの芸術家(40名)たちの肖像写真100点が日本初公開されるもの。

_MG_5010.JPG

観たかった神奈川県立近代美術館の「石元泰博 展」には、結局行けず・・・でした。
「どこでもドア」があったらなぁ・・・。
_MG_5009.JPG

会場の「三鷹市民ギャラリー」は、三鷹の駅前。展覧会は24日まで。
公式ページに割引入場券もありますので、ご興味のあるかたは、是非。
http://mitaka.jpn.org/ticket/gallery/

三鷹は、「太宰治」が最後に住んでいた場所。近くの「太宰治 文学サロン」にも足を延ばしてみました。http://mitaka.jpn.org/dazai/

_MG_4997.JPG

場所は、太宰もよく利用したらしい「伊勢元酒店」の跡地。
_MG_4996.JPG

酒好きの太宰が銀座の「ルパン」で呑む有名な写真も・・・。(ルパン、しばらく行ってないなぁ・・・。まだ、ありますよね・・・)
_MG_5003.JPG

太宰の直筆原稿や写真などが展示されています。
_MG_4998.JPG

亡くなった年、武蔵野税務署への釈明書だそうです。売れっ子作家だった太宰ですが、お金には無頓着で、奥さまは随分苦労されたようです。
_MG_4999.JPG

_MG_5000.JPG

三鷹には、太宰ゆかりの場所が点在しています。ギャラリーの方にいろんな話を聴くことができました。
_MG_5004.JPG

近くには、歴史を感じさせる「魚屋」さんも・・・。
_MG_5006.JPG

近くには、作家「山本有三」の邸宅跡も・・・。
太宰とは、対照的に大邸宅です。(太宰の家とは、歩いて5分ほどの場所)
今は、「山本有三記念館」として公開されています。

「ジブリ美術館」もすぐ側です。
_MG_4994.JPG

庭先で、いちご!を発見・・・・。
_MG_4930.JPG

IMG_2542.JPG

明日は、山本有三の大邸宅の様子を・・・・。



斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)

斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)

  • 作者: 太宰 治
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2000/10
  • メディア: 文庫




ヴィヨンの妻 (新潮文庫)

ヴィヨンの妻 (新潮文庫)

  • 作者: 太宰 治
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1950/12
  • メディア: 文庫




ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD




nice!(344)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 344

コメント 5

kyon

太宰もジブリも大好きです。
いってみたいです。
何処でもドア、あったらいいですねー!
by kyon (2012-06-19 01:03) 

まほ

真っ赤なヘビイチゴが鮮やかですね。
「芸術家の肖像」面白そうです。
私、密かに太宰治のファンでした。

by まほ (2012-06-19 02:46) 

大林 森

釈明書!_:(´ཀ`」 ∠):やはり才能のある方は破天荒というか、やはり常識から何処か逸脱しているものですよね・・・。何度かそういう天才という方を見る機会に恵まれましたが、やっぱり良い意味でどこかブっ飛んでいる所がありました。(>_<)
by 大林 森 (2012-06-19 06:06) 

nana_hyr

どこでもドア、あと何百年まてば出来るかなぁ^^;
タイムマシンで今日の朝に戻るという選択もあると思うの。
by nana_hyr (2012-06-19 13:38) 

akipon

おっと地元じゃないですか!(笑)
コラルの上でやってるの知ってますが、まだ観てません・・・
by akipon (2012-06-19 20:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: