So-net無料ブログ作成
検索選択

パリとイル・ド・フランスの旅90 5日目-17、モンマルトル「ジュ・テームの壁」 [パリとイル・ド・フランス2011]

メトロポリタンに到着! それ、どこ?
メトロって、メトロポリス、メトロポリタンの略した言葉なんですってね。
_MG_9876.JPG

駅前には、小さな回転木馬。
_MG_9878.JPG

そして、「ジュ・テームの壁」。
_MG_9882.JPG

芸術家たちにも愛された街、「モンマルトル」へやってきました。
「ジュ・テームの壁」は、2000年に登場した街角アート。
世界中の言葉で「愛してます」が綴られています。もちろん日本語も!
_MG_9883.JPG

壁の上にも美女が!
_MG_9884.JPG

先ほどの駅前の「回転木馬」。ちっちゃいです、キュートです。
_MG_9887.JPG

街角には、アートが溢れていました。
_MG_9890.JPG

映画でおなじみになった八百屋さん。
_MG_9895.JPG

そう、「アメリ」です。
_MG_9897.JPG

モンマルトル、坂の街でもあります。
_MG_9898.JPG

歴史的名所の看板発見!
_MG_9901.JPG

ピカソやモジリアニが住み、アポリネール、コクトー、マティスらも出入りしていた安アパート洗濯船」の跡地です。
_MG_9904.JPG

アパートは、残念ながら焼失して現存していませんが、ウィンドウの中で、当時の様子とともに紹介されていました。
_MG_9905.JPG

「ラデの風車」。丘の街、モンマルトルには、かつて30基もの風車があったらしい。
_MG_9910.JPG

壁から、人が・・・・。
_MG_9913.JPG

マルセル・メイエの小説「壁抜け男」か!
_MG_9915.JPG

結構、出てきてます!
_MG_9916.JPG

坂のある街も楽しいですね。
_MG_9919.JPG

_MG_9922.JPG

つづく・・・。


モンマルトル―巨匠たちの青春

モンマルトル―巨匠たちの青春

  • 作者: 平野 幸仁
  • 出版社/メーカー: 開文社出版
  • 発売日: 1996/08
  • メディア: 単行本




モンマルトル 青春の画家たち (とんぼの本)

モンマルトル 青春の画家たち (とんぼの本)

  • 作者: 益田 義信
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1986/11
  • メディア: 単行本




アメリのa.b.c―Spring特別編集

アメリのa.b.c―Spring特別編集

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: 単行本




アメリのしあわせアルバム

アメリのしあわせアルバム

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ソニーマガジンズ
  • 発売日: 2001/12
  • メディア: 大型本




アメリ―モンマルトルのアメリとパリの映画たち (シネ・カルネ)

アメリ―モンマルトルのアメリとパリの映画たち (シネ・カルネ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: プチグラパブリッシング
  • 発売日: 2001/11
  • メディア: 単行本




アメリ 期間限定フォトブックバージョン [DVD]

アメリ 期間限定フォトブックバージョン [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルバトロス
  • メディア: DVD




壁抜け男 (角川文庫)

壁抜け男 (角川文庫)

  • 作者: マルセル エイメ
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 文庫



nice!(381)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 381

コメント 14

lequiche

おー、メトロの看板!
「地下鉄のザジ」ですね。パリはどこも絵になります。(^^)b
by lequiche (2012-11-17 00:59) 

まほ

壁から出てきている人・・・こわいです!(笑)
「洗濯船」って、日本で言うと「ときわ荘」みたいな感じだったのですね。

by まほ (2012-11-17 03:02) 

arles

フランス行きたくなります。
壁抜け男のミュージカル好きです。
by arles (2012-11-17 03:45) 

カエル

アールヌーボーのデザインですよね!このメトロの看板。
by カエル (2012-11-17 07:12) 

JUNKO

毎回本当に楽しませていただいています。ありがとうございます。
by JUNKO (2012-11-17 10:12) 

yuzuhane

モンマルトルは坂の下のピガールあたりは雑多な感じですが、坂を登るとシャンソンで有名な老舗店やブドウ畑があったりユトリロが描いた白い道など、アートな雰囲気が加わりますね。壁抜けのこのオブジェは見たことがありませんでした。探しに行きたくなりました。
by yuzuhane (2012-11-17 10:57) 

hatsune

壁抜け男ですね♪ミュージカルにもなりましたね。
フランス発のミュージカルって珍しいような気がします。
ミシェル・ルグラン聞きたくなっちゃいました。
by hatsune (2012-11-17 16:20) 

ryo1216

lequicheさん、コメントありがとうございます。
「地下鉄のザジ」、懐かしいです。パリ、多くの映画で描かれた街でもありますね。
by ryo1216 (2012-11-18 01:37) 

ryo1216

まほさん、コメントありがとうございます。
「洗濯船」、僕も、日本で言うと「ときわ荘」だなと思いました。
「壁抜け男」、最初に出会った時は驚きました。
by ryo1216 (2012-11-18 01:42) 

ryo1216

arlesさん、コメントありがとうございます。
パリ、いいですね。振り返っていると、僕もまた行きたくなりました。
「壁抜け男」、劇団四季でしたっけ?
by ryo1216 (2012-11-18 01:44) 

ryo1216

カエルさん、コメントありがとうございます。
アールヌーボーの地下鉄の看板、観る度に、なんだかうれしくなってしまいます。実に優美です。
by ryo1216 (2012-11-18 01:47) 

ryo1216

JUNKOさん、コメントありがとうございます。
こちらこそ、いつも訪問いただきありがとうございます。パリ、振り返りも楽しい街です。
by ryo1216 (2012-11-18 01:49) 

ryo1216

yuzuhaneさん、コメントありがとうございます。
この彫像がある広場、原作者のエイメが住んでいた所のだったそうで、「マルセル・エイメ広場」と名付けられているのだそうです。「ラデの風車」のすぐ側です。
by ryo1216 (2012-11-18 01:53) 

ryo1216

hatsuneさん、コメントありがとうございます。
このミュージカルは観たことがないです。ミッシェル・ルグランといえば「シェルブールの雨傘」を思い出します。
by ryo1216 (2012-11-18 01:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0