So-net無料ブログ作成
検索選択

チョイ住みパリ旅164 9日目-6 ロダン美術館へ 2014/10/19 [パリ2014]

今日から、パリ旅のつづきを・・・。
前回アップしたのが、3月の終わり。桜の季節が始まり、ハナミズキ、春バラを経て、今は、紫陽花の季節。
パリ旅、最終日だったので、一気に終わらせてしまうことに・・・。
前回は、ヴァンヴの蚤の市でした。
http://ryo1216.blog.so-net.ne.jp/2017-03-30

ヴァンヴのメトロの駅から、移動!
_MG_0601 (1061).JPG

降りる駅をひつと間違えてしまいました。
_MG_0601 (1062).JPG

ナポレオンの眠るアンヴァリッド。
_MG_0601 (1063).JPG


で、行きたかったのは、こちら。
IMG_1408.JPG

ロダン美術館です。
_MG_0601 (1067).JPG

秋バラの季節でした。
_MG_0601 (1064).JPG

美術館に入る前に庭にあるカフェへ。
_MG_0601 (1076).JPG

昼食です!
_MG_0601 (1079).JPG

_MG_0601 (1081).JPG

まずは、ちょこっと庭を散策。ロダン美術館の庭、大好きです。
_MG_0601 (1083).JPG

10月だったけど、紫陽花?
_MG_0601 (1088).JPG

ロダン美術館、ロダンが亡くなるまでの10年間、アトリエとして使い、暮らした場所です。
現在、上野の西洋美術館に収蔵されている松方コレクションは、戦後、日本へ移されるまで、こちらに保管されていたそうです。日本へ移す条件として、収蔵する場所、新美術館の建設があって、設計者にコルビジェが指名されました。そんなわけで、日本に唯一のコルビジェ建築が誕生したんですね。
西洋美術館の前庭にロダン作品がたくさんあるのも、そんな関係があるのかもしれませんね。
_SDI6525.jpg

ロダンの庭からのアンヴァリッド。
_MG_0601 (1100).JPG

_MG_0601 (1102).JPG

ロダンの庭でもたくさんの彫刻作品に出会えます。
_MG_0601 (1105).JPG

つづく・・・。


ロダン:神の手を持つ男 (「知の再発見」双書)

ロダン:神の手を持つ男 (「知の再発見」双書)









ル・コルビュジエ 全作品ガイドブック

ル・コルビュジエ 全作品ガイドブック

  • 作者: Deborah Gans
  • 出版社/メーカー: 丸善
  • 発売日: 2008/01/31
  • メディア: 単行本



nice!(219)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 219

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0