So-net無料ブログ作成
検索選択

資生堂ギャラリー 吉岡徳仁-スペクトル-展へ [art]

資生堂ギャラリーで開催中の「吉岡徳仁 スペクトル」展、観てきました。
https://www.shiseidogroup.jp/gallery/exhibition/
_3120314.jpg

_3120318.jpg

スモークが焚かれた会場に幻想的な世界が拡がっていました。
_3120322.JPG

続きを読む


nice!(149)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

万華鏡! [art]

振る度に、
_2149207.jpg

変化する世界。
_2149200.jpg

万華鏡です。
_2149209.jpg

続きを読む


nice!(242)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

芸術の秋!! ぐるっとパス、買ってみた。 [art]


芸術の秋!というわけでもないのですが、「ぐるっとパス2013」、買ってみました。
2000円のパスで、都内77の美術館や博物館、公園などの施設が無料、割引で利用できるパスです。
入場料無料の総額は3万円以上、見たい催しが2、3つあれば、元が取れるお得なチケットです。
IMG_9666.JPG

有効期限は、2013年度末、2014年3月31日までで、使い始めてから2ケ月間、使うことができます。
今回、10/5に使い始めたので、12/4までの有効期限となります。

で、最初に訪れたのが、日本橋の「三井記念美術館」。
ここの美術館、初めての訪問です。
三井家伝来の陶器を中心としたコレクション、志野の器、素敵でした。
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/
IMG_9639.JPG

続きを読む


nice!(46)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

小出ナオキの魔法使いとオバケ [art]

六本木ヒルズ、下のミュージアムshopの脇のギャラリーでは、「小出ナオキ 18人の魔法使いと17人のオバケ」をやっていました。
IMG_8225.JPG

IMG_8223.JPG

IMG_8222.JPG

続きを読む


nice!(298)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

東京都写真美術館 米田知子展-暗なきところで逢えれば- [art]

東京都写真美術館で開催中の「米田知子」さんの写真展、行ってきました。
http://syabi.com/contents/exhibition/index-1864.html
IMG_7404.JPG

米田さんの撮る写真、撮られた場所の記憶や歴史がそこに残されたモノに残像となって宿っているという考えがベースにあるようです。
サハリン、ゾルゲ、そして家など、作者の撮影に臨んだ時の言葉とともに観ることができます。
写真に意味を持たせる、意図を持つ、言葉を加える・・・そんなことが大切なんだなと改めて思わせてくれました。

米田さんの言葉を読む前と、読んだ後で、同じ写真が違った風に見えてきます。

米田さんの写真展は、9/23までです。

3Fでは、「写真のエステ」の第2弾が9/16までの開催。
B1では、岩合さんのネコとライオンの写真展「ネコライオン」が10/20まで開催中です。
IMG_7441.JPG

続きを読む


nice!(286)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「鳳が翔く 榮久庵憲司とGKの世界」展 at 世田谷美術館 [art]

世田谷美術館で開催中の「鳳が翔く 榮久庵憲司とGKの世界」展へ。
こちらも本日9/1までの開催。前日になんとか行くことができました。
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/exhibition.html
IMG_6824.JPG

IMG_6861.JPG

IMG_7215.JPG


続きを読む


nice!(300)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アンドレアス・グルスキー展 at 国立新美術館 [art]

国立新美術館で開催中のもうひとつの企画展、「アンドレアス・グルスキー展」も観てきました。
こちらは、9/16までの開催。来年の2/1からは、大阪の「国立国際美術館」へ巡回するようです。
http://gursky.jp/index.html
_8240003.jpg

ドイツの現代写真を代表する写真家「アンドレアス・グルスキー」による日本初の個展です。
先ごろ、写真としての史上最高価格で落札された作家(3億超!)、今、最も人気のある写真家でもあるのでしょうか。
ポスターにもなっている日本の「カミオカンデ」のほか、80年代の初期作品、99年「99セント」、「ライン川」、07年「F1ピットストップ」、「ピョンヤン」から12年の最新作「カタール」まで、作家自身が厳選した約65点の作品が一堂に会した展覧会です。巨大な作品の数々は、大迫力モノでした。
映っている建物をデジタル処理で消したり、複数の画像を合成して作成したりとデジタル化が進んだ今の最も旬な作家なのでしょう。歪みのない画像や奥行きのある対象全てにピントがあった画像など、すべてが等価に拡がる独特の視覚世界を楽しめます。(どんなデジタル処理の技を使ってるだろう?)
_8240008.jpg

衛星写真の高精度な地形を使った「オーシャン」は雑誌か何かで見たことがあって、自ら作った深い海のブルーが印象的でした。
代表作は、こちらでも紹介されています。
http://gursky.jp/highlight.html

続きを読む


nice!(289)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

世田谷美術館 分館 「宮本三郎記念美術館」 [art]

九品仏、なかなかいいお寺でした。
その後、この日の目的だった世田谷美術館分館「宮本三郎記念美術館」へ。
世田谷美術館の3つの分館のうちのひとつです。画家たちが、アトリエとして使っていた場所にあります。
IMG_6034.JPG

美術館の前に、通りがかったクレープ・ガレット屋さんに吸い寄せられて・・・。
IMG_6028.JPG

この日も、暑い日でした!
IMG_6024.JPG

続きを読む


nice!(275)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

7/21 清春芸術村2 ルオーの宗教画、白樺派、龍三郎アトリエなどなども・・・ [art]

清春芸術村、本物が他にもぎっしりです。
芸術村のメイン施設、「清春白樺美術館」へ。こちらと、ルオーの礼拝堂の設計は、「谷口吉生」氏。
ニューヨーク近代美術館新館などの設計でも知られる、こちらも日本を代表する世界的建築家です。
IMG_5885.JPG

白樺美術館は、武者小路実篤や志賀直哉など白樺派の作家たちが夢見た「幻の美術館」を、両氏とも親交のあった「吉井長三」が実現したものだそう。
彼らが収集した、セザンヌ、ピカソ、ロダンなどの作品のほか、梅原隆三郎、岸田劉生、高村光太郎、バーナード・リーチなどの作品が楽しめました。中でも、ルオーの宗教画のコレクションは、圧巻です!
高村智恵子の「樟」も良かったです。

白樺美術館とルオーの礼拝堂の間の奥には、新宿から移築した、「梅原龍三郎」のアトリエも。
IMG_5871.JPG

中には入れませんでしたが、外から中を覗いてみました。
IMG_5874.JPG

続きを読む


nice!(288)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行