So-net無料ブログ作成
検索選択

中欧を巡る旅その28 プラハ2日目13 旧市庁舎からの眺め 2010.11.13 [プラハ]

プラハ、最後の夜。時が発つのは早い・・・ものです。次の街「ウィーン」にも行きたい所がたくさんあるのと、ウィーンまで4時間半ほどかかることもあって、明日は朝一番で移動することに・・・。
そういうわけで、名残惜しいプラハの街も最後の夜です。「旧市街広場」の「旧市庁舎の塔」へ登ってみることに。
_MG_0760.JPG

最初、塔の入口がわからなかったのですが、初日のインフォメーションセンターの奥に入口を発見。
エレベータで登れます。
_MG_0749.JPG

続きを読む


nice!(196)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中欧を巡る旅その27 プラハ2日目12 カレル橋とカレル通り 2010.11.13 [プラハ]

「ジョン・レノンの壁」から、「カレル橋」「カレル通り」を通って「旧市街広場」へ。
昨夜も辿った道ですが、昨夜は小雨の中、急ぎ足で通った道。今日はノンビリ、「カレル通り」のお店を覘きながら散策しました。
_MG_0690.JPG

_MG_0695.JPG

_MG_0709.JPG

続きを読む


nice!(153)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中欧を巡る旅その26 プラハ2日目11 ジョン・レノンの壁 2010.11.13 [プラハ]

昨日に引き続いて「ジョン・レノンの壁」を訪ねてふたたび「カンパ島」へ。
フランス大使館」の前だったはずと思い出し、昨夜、地図チェック
「フランス大使館」は、小さな橋を渡った先。「島」じゃないのでは・・・・。
果たして、橋を渡るとすぐに「壁」を発見! です。
昨夜も近くまで来たのだけれど、人通りの少ない細い通りで、引き返したところ・・・。
_MG_0666.JPG

_MG_0646.JPG

「壁」に向かう小さな橋の欄干に、南京錠がいっぱい。「恋人たち」のおまじないなのでしょうか・・・。
_MG_0645.JPG

続きを読む


nice!(174)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中欧を巡る旅その25 プラハ2日目10 旧市街広場からカレル橋へ 2010.11.13 [プラハ]

三度、いや4回目かなぁ・・・の「旧市街広場」へ。
なんだかんだで、2日目も16時過ぎに。日暮れが迫っています・・・。
_MG_0595.JPG

_MG_0596.JPG

「聖ミクラーシュ教会」から、結婚式を挙げたばかりの御二人さんが出てきました。
_MG_0608.JPG

続きを読む


nice!(154)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中欧を巡る旅その24 プラハ2日目9 黒い聖母の家 2010.11.13 [プラハ]

「火薬塔」を後にし、これまた「キョビズム建築」の「黒い聖母の家」へ。
_MG_0528.JPG

ヨゼフ・ゴチャール設計による「キュビズム建築」の「黒い聖母の家」。中は、「キュビズム博物館」となっていて、絵画や彫刻、家具などのキュビズムの作品が展示されています。こちらは、撮影自由でした。
_MG_0539.JPG

_MG_0537.JPG

_MG_0548.JPG

続きを読む


nice!(199)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中欧を巡る旅その23 プラハ2日目8 火薬塔 2010.11.13 [プラハ]

「市民会館」のお隣の「火薬塔」へ。
_MG_0527.JPG

元々、1475年に宮殿の門として建てられ、宮殿が「プラハ城」に移ったのち、17世紀には火薬倉庫として使用された。その時のなごりで現在でも「火薬塔」と呼ばれている。
地上65mの塔の内部は、ギャラリーとして使用されています。最上階からのプラハの眺望は素晴らしいものでした。
_MG_0518.JPG

続きを読む


nice!(175)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中欧を巡る旅その22 プラハ2日目7 市民会館 2010.11.13 [プラハ]

カフェを出て、「市民会館」の中を探索。
_MG_0476.JPG

地下にあるサービスカウンターで「中は観れますか?」と聞いたところ、「今日はもう無理(どうやら定員があるよう)、今晩のコンサートもいっぱい」だとのこと。
「明日の夜ならコンサート空いてますよ」とのことでしたが、その時間には、プラハには居らず、今回は断念です。
_MG_0478.JPG

「市民会館」の建っている場所は、「プラハ城」に移されるまで、「宮殿」のあった場所。お隣の「火薬塔」は、元々、「宮殿」の門として建設されたもののようです。
「市民会館」は、1912年に完成し、1918年のチェコスロバキアの独立宣言がされた場所でもあり、今は、「プラハの春」音楽祭のメイン開場となっています。会館の中の「スメタナ・ホール」は、プラハ最大のコンサートホールです。
ホールを直には見れませんでしたが、館内に写真が飾られていました。一度、音楽を聴いてみたいあホールです。
_MG_0471.JPG

続きを読む


nice!(130)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中欧を巡る旅その21 プラハ2日目6 カフェ・カヴァールナ・オベツニー・ドーム 2010.11.13 [プラハ]

プラハを代表するアールヌーボーの「市民会館」。
_B133815.jpg

まずは、1Fにある、アールヌーボーの内装が見事な「カフェ・カヴァールナ・オベツニー・ドーム」で昼食です。
_MG_0456.JPG

夏場には、共和国広場に面してテラス席も出されるらしい。その頃の季節も良さそうですね。

続きを読む


nice!(143)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中欧を巡る旅その20 プラハ2日目5 新市街 2010.11.13 [プラハ]

「ダンシングビル」から、「ヴァーツラフ広場」を目指し、「新市街」地区を散策です。

反響?が多かったので、「ダンシングビル」をもう少し・・・。
こちらの角度の方が、より寄り添ってダンスしているようにみえるかも・・・。
_MG_0384.JPG

てっぺんの帽子です。最上階は高級レストランらしいです。
_MG_3522.JPG

続きを読む


nice!(181)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中欧を巡る旅その19 プラハ2日目4 プラハの朝市 2010.11.13 [プラハ]

「ヴィシェフラド」の丘の麓を散策していたら、ヴルタヴァ川の河川敷で小さな朝市が開かれていました。地元の朝市に偶然巡り合えたりするのも旅の楽しさのひとつです。
_MG_0310.JPG

地元の食材を車で持ち寄った小さな朝市でした。
_MG_0309.JPG

多くの人で賑わっています。
_B133806.jpg

続きを読む


nice!(118)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行